Features

Grinoのお弁当4つの特徴

植物性食品のプロが監修

菜食コンサルタントがすべてのお弁当に穀類、豆類、野菜、ナッツ・シード、きのこ、海藻の6つの食材カテゴリーが入るように設計。

腸内環境に良い影響を

便秘やお腹の調子を良くしてくれ、免疫力向上やダイエットに効果があるとされる腸活をプラントベースフードで支援します。

急速凍結で素材の美味しさを

食品冷凍の専門家監修のもと、美味しさと栄養を詰め込んで、高い食品冷凍技術を活用しています。冷凍庫にストックしておけば、いつでも”温めるだけ”で気軽に食べられます。

アップサイクルなごはんと容器

製造工程で廃棄されてしまう小松菜を玄米と一緒に炊くことで、ファイトケミカルを取り入れました。
容器はサトウキビの搾りかすで作ったミニマルデザインなお弁当箱。食事も容器も無駄のないアップサイクルの取り組みです。

菜食コンサルタント

山﨑由華

株式会社Tokyo Bento Labo
代表取締役

関克紀