Red Yellow And Green 株式会社
Founder & CEO 細井優

 

Founder Message
代表挨拶

食事で地球をよくする。 

Grinoは私がとあるドキュメンタリー番組をみたことから始まり
ました。これまで意識することのなかった領域の情報に触れ、
「食事の選択肢と地球環境は繋がっている」ことを知りました。

この領域に興味と危機感を覚え、色々調べてみると、

  • ハンバーガー1つ作るのに3,000ℓの水が必要
  • 家畜の温室効果ガス排出量は交通機関のそれと同等
  • 地球の陸地の1/4が家畜の生育に使われている
  • 地球上の哺乳類の96%が人間と家畜である

といった事実を知ることに。どれも初めて知ることばかりでしたが、
説得力のある文献もありますし、これらが本当であるならば、
自分たちが普通だと思っている日々の食生活が自分たちや
次の世代の未来を破滅的なものにすると感じ始めました。

 

10年後の地球と未来の子供たちに胸を張れるか

それから、まずは私の二人の子どもの未来のために
何ができるかを考える日々がはじまりました。

地球上の人口が100億人を超える可能性があると言われますが、
現在の食生活を変えない場合、高い確率で十分な食事を供給することが
難しいという研究結果があります。

残念ながら畜産に必要な土地や飼料・水といった資源の量があまりにも
多いため、20億人以上の人口増加に対応できないためです。

私たちの子供たちの世代が大人になった時にどのような地球に
なっているのか。予測は立っていますが誰もわかりません。

ただ、そうなる可能性があるのであれば将来後悔するよりも、
今できる努力と選択をしておきたい。

こうして生まれたのがGrinoです。私たちが提案するのは
10年後の自分たちが後悔しない選択肢」です。

私たちが植物性食品を選んだ理由は、菜食中心の食生活への移行が
環境課題の解決に向けて有効であるという事実に基づいたものです。

共感してくださる方々はぜひ一緒に、テーブルの上から地球を変えていかせてください。

 

 

ロゴマークに込めた想い

文字を囲むグリーンの枠はテーブルを、文字の下のモコモコは土を表し、
土から生まれた野菜をテーブルにつなげる役割をGrinoが果たす意志を表現しました。

Grinoは「Green」 x 「Innovation」の造語。環境負荷の少ない革新的な食事を
通して地球を良くするという強い想いを込めました。

Grinoのメルマガ

Grinoのストーリーや、新商品のお知らせなどを
メールにてお届けします。