Journal|読みもの

  • #10 Grinoの商品を購入すると届くもの 〜同梱物が少ない理由〜

    #10 Grinoの商品を購入すると届くもの 〜同梱物が少ない理由〜

    こんにちは、Grinoマサノです! 今回は7月28日に配信した『Grino Sustainable Radio』のトークを書きおこしました。 今回はGrinoの商品をご購入くださった方々にどんなものが届くのかを紹介!D2Cブランドとしては珍しく、同梱物がほとんどない理由や、包装紙&偉人ステッカーのイラストの秘密などについて話しています!まさかあの人がGrinoのイラストを描いていたとは!笑参考:これからのウェブサイトは「地球に優しい」ことも重要に? 見直されるシンプルなデザインの価値   ユウ  :Grino代表 マサノ :Grino Marketing担当 ショウタ:CXO/B-corp推進 ▼ポッドキャストはこちらから ユウ:こんにちは。Grino代表のユウです。 マサノ:こんにちは。Grinoのマサノです。 ショウタ:こんにちは。Grinoのショウタです。このPodcastは、主にGrinoを購入してくださった方々にお届けする番組です。Grinoの商品のことや、地球とあなたのためになる話、我々のアツい思いなどを話していきます。ぜひ、Grinoをお召し上がりながらお楽しみください。今日もよろしくお願いします。 マサノ:お願いします! ユウ:お願いします。 ショウタ:今日はですね、記念すべき10回目の収録となります。 マサノ:ありがとうございます! ユウ:ありがとうございます! マサノ:まだ10回でしたか。 ショウタ:正確にはですね、番外編とかもあるんで11回目なんですけど、一応公式の内容としては10回目というところでございます。 ユウ:素晴らしい。 ショウタ:また編集中のものもあったりするので、収録回数で言うとあと1、2回多いんですけども。まずは10回やれたということで。 ユウ:10回か…。10回目から聴いた人はぜひ、他の回も、戻って聴いてください。 マサノ:お願いします。 ユウ:おすすめの回は?ちなみに。 ショウタ:おすすめの回は、0回目。あ、0回目があるから11回目か。 マサノ:そうですね。そうだ。 ショウタ:頭が悪すぎる(笑)。 マサノ:0がありました。 ユウ:それが特別回だったわけじゃないのか。 ショウタ:そうだ、そうだ。それは失礼しました。 ユウ:おすすめ回は、僕はね、2か3ですね。パタゴニアについて話した回と、『キス・ザ・グラウンド』について話した回は、結構面白かったな。 ショウタ:そうですね。『キス・ザ・グラウンド』の回は、結構リアクションをもらえるというか、私も観ましたよって話をフィードバックをいただくので。 ユウ:ぜひ聴いてくださいね。皆さん。 ショウタ:今日ですね、Grinoの商品を購入すると何が届くのか。サブタイトルで言うと、同梱物がなぜ少ないのかを話していきたいなと思っています。まず、届くものの紹介をしていきたいと思うんですけど。マサノさんやってもらっていいですか。 マサノ:はい。まず、商品本体ですよね。段ボールがあって、段ボールに貼られたロゴのシール。あとは、蓋の裏にQRコードが付いていて、あとは偉人ステッカーというシールが貼ってある包装紙のみですね。要は、本体とその付随品のみという状態ですね。   *現在は、さらに付随品を減らすために包装紙を止めるステッカーに偉人イラストと名言、QRコードついているものに変更しております!   \お届けする段ボールはこんな感じ/   ショウタ:普通は、いわゆるこういう通販とかD2Cのブランドで言うと、メッセージカードが入っていたり、冊子やカタログが入っていたり、なんとかブックみたいなのが入っていたりすることが多いですけど。我々はそれをほぼなくして、最低限のものをお届けしていると。まだ模索中ですけども今のところはこういう感じで。同梱物が少ない理由をユウさんに話してもらえればなと。 ユウ:はい。もしかしたらね、前話したかもしれないですけど、改めて申し上げますと、ゴミを減らそうと。シンプルにそこですかね。いろいろと入れないことに関して不安はあったんですけど、特にこれ、提言してくれたのは内海さん(=ショウタ)かな。同梱物入れた方がいいよねっていう会話はされていたんだけど、入れない方がいいんじゃないかっていう議論の口火を切ったのは内海さん。 ショウタ:初めて聴いた方、ショウタなんですけど(笑)。 ユウ:ショウタがね、喋ってくれたんですけど(笑)。確かにそうだよなと。そうした方がGrinoらしさが伝わるんじゃないかと、僕らの考えが伝わるんじゃないかと。僕らのお客様も多分そういう感覚の方が多いだろうから、理解してくれるだろうというような仮説のもとそうしていますという感じですか。 マサノ:一貫してますよね、やっぱり。スタンスが。 ショウタ:入れることもね、できますし。クラファンで購入してくださった方々のみ手書きでお手紙を書くっていうことになっていますが。 ユウ:感謝の気持ちを込めて。 ショウタ:基本的には、いずれゴミになるものはあまり入れないようにしようということで、段ボールの装飾も本当に最低限でやらせてもらっているっていうところでございます。 ユウ:さっきマサノさんが言ってくれていたQRコードから、このPodcastとか、その他コンテンツをチェックできるようになっているんですけど。同梱するチラシみたいなものが、お客さんに伝えたいのは、まさにインスタグラムとかPodcastで話している内容に近いことだからその辺りはデジタルでやった方が。デジタルでできるからそっちでいいでしょというふうになったという感じですね。 ショウタ:僕、この話を提案して実行した後に、最近知った話なんですけど、結構Webコンテンツも環境負荷っていう記事が。WIREDとかで出てる。こういう観点もあるし、ヨーロッパの方では結構それが割と主流というか議論の俎上に上がってくるようになってきたんだなっていうのも出てきていて。だから、デジタルを扱ってるから環境にいいっていう、印刷物を作らないから環境にいいですっていうことでもないんだなって。当たり前なんですけどよくよく考えたら。だから、そういったことも今後言及したりこういうところを改良しましたって言えるようになるといいなと思った次第です。このタイミングで言おうかなと思ったんですけど。 マサノ:前にショウタさんも言ってましたけど、今分かっている環境にいいことをやるのはもちろんやるとしても、それを考え続けてやり続けるっていうことが多分、根底なのかなと思って。このスタイルもまた変わっていく可能性ありますし。 ショウタ:そうですね。その辺は議論をし続けたいという感じですね。 マサノ:そうですね! ユウ:しましょう! マサノ:そうですね。でも、あれじゃないですか。普通にAmazonで何か買ったり、通販とかで何か買った時に、届いた時の過剰包装って何か嫌だなっていう気持ち、皆さんありません・・?地球環境とかゴミとかっていうところまで意識していなくても、このUSBスティック買ったのに、この箱で来る?みたいなことって多々あると思うんですよ。 ショウタ:超過剰包装のやつね。 マサノ:そう。...

    続きを読む
  • #9 "冷凍王子" 西川さんとのレイトーーク!

    #9 "冷凍王子" 西川さんとのレイトーーク!

    今回は巷で噂の“冷凍王子”こと西川剛史さんをお招きし、冷凍食品の秘密や、ご監修くださっているGrinoとの出会い・魅力について語っていきます! これからもGrinoの商品開発や改善に関わってくださる貴重なGrinoチームメンバーのうちのひとりです!

    続きを読む
  • 『いて座とやぎ座のオーガニックデイズ』さんとのコラボ回!

    『いて座とやぎ座のオーガニックデイズ』さんとのコラボ回!

    今回はエシカル&オーガニックな生活について楽しくお話しされている「いて座とやぎ座のオーガニックデイズ」さんとのコラボ回について書きおこしました。

    続きを読む
  • #8 メニュー紹介 その参(ピーマン肉詰め・ミートボール・グラタン・ラザニア)

    #8 メニュー紹介 その参(ピーマン肉詰め・ミートボール・グラタン・ラザニア)

    今回は7月13日に配信した『Grino Sustainable Radio』のトークを書きおこしました。 今回も、Grinoのメニューをひとつひとつ紹介しながら、それぞれの感想やオススメの食べ方などについて話しています。今回紹介するのは、以下の4つです。 肉汁滴るピーマンのオムニミート詰め 中華風甘酢オムニミートボール かぼちゃとトマトのもちもちペンネグラタン(五葷不使用) 和風菜食ラザニア赤味噌仕立て(五葷不使用)

    続きを読む
  • #7 メニュー紹介 その弍(チキンチリ、ボロネーゼ、麻婆茄子)

    #7 メニュー紹介 その弍(チキンチリ、ボロネーゼ、麻婆茄子)

    前回に引き続き、Grinoのメニューをひとつひとつ紹介しながら、それぞれの感想やオススメの食べ方などについて話しています。今回紹介するのは、以下の3つです。・Naturli’のハッピーチキンチリソース・Naturli’のハッピーボロネーゼ・ご飯がすすむオムニミートの広東風麻婆茄子(五葷不使用)冒頭では、あの「KIHACHI」の創業者、熊谷喜八さんとお話しさせていただいた時の感動について語っております。

    続きを読む
  • #6 メニュー紹介 その壱(カレー・ロールキャベツ・キンパ)

    #6 メニュー紹介 その壱(カレー・ロールキャベツ・キンパ)

    Grinoのメニューをひとつひとつ紹介しながら、それぞれの感想やオススメの食べ方などについて話しています。 まだお試しいただいていないメニューについて、ご購入の参考になれば幸いです!

    続きを読む
  • #5 商品開発秘話

    #5 商品開発秘話

    今回はGrinoの命である「冷凍プラントベースフード」完成までの道のりをお話ししていきます。今後は各メニューごとの開発秘話を話す回もあるかも。。。

    続きを読む
  • #4 “オリエンタルベジタリアン”まりさんとのベジトーーク!

    #4 “オリエンタルベジタリアン”まりさんとのベジトーーク!

    当番組はじめてのゲスト、オリエンタルベジタリアンの まりさんにお越しいただき、菜食生活のきっかけやGrinoとの出会い&熱い想いを語っていただきました。ベジタリアンではない旦那さまとの食事のことや、まりさんご自身の“ガチ過ぎない”菜食スタイルなど、菜食生活を楽しみながら継続されている様子が伝わってくる回になりました。

    続きを読む
  • #3 映画『キス・ザ・グラウンド:大地が救う地球の未来』について語ろう

    #3 映画『キス・ザ・グラウンド:大地が救う地球の未来』について語ろう

    今回はユウさんおすすめの『キス・ザ・グラウンド ー大地が救う地球の未来』をチョイス。 視聴直後に感想やGrinoとして取り入れていきたいことなどを語り合い、マサノから驚愕の共有が...

    続きを読む
  • #1 GrinoがリスペクトしているPatagoniaについて

    #1 GrinoがリスペクトしているPatagoniaについて

    今回は代表のユウさんが訪問したアウトドアブランド『パタゴニア』の店舗で感じた衝撃から、Grinoが目指していきたいことについてお話をしています。

    続きを読む
  • #0 プラントベースフードブランド『Grino』を立ち上げたワケ

    #0 プラントベースフードブランド『Grino』を立ち上げたワケ

    Grinoの中の人たちの紹介から、Grinoが生まれたきっかけとなった、近い将来に地球に起こると言われている問題についてお話をしています。

    続きを読む
  • Grinoの現在と未来

    Grinoの現在と未来

    こんにちは。Grinoのショウタです。今日は約2ヵ月前に作成したとある資料の1ページを紹介します。 その名も『Grinoの現在と未来』   「地球とあなたに、おいしい選択肢。」というブランドメッセージを決めるその前に、思い描いていたことの結晶がこの1ページに集約されています。 自分がGrinoにジョインした理由は「気候変動の問題の一部になる仕事ではなく、解決の一部になる仕事がしたい」という想いからでした。 その手段として「菜食」の事業を推進するGrinoを選択したのです。 (自らがミートフリー生活を実践してきた経験やその決断に至るまでのプロセスを事業に生かすことができるという想いと、世の中にこれから溢れてくるであろうさまざまな企業のグリーンウォッシングに正面から向き合いたいという覚悟もありました)   さて、この「Grinoの現在と未来」について具体的に説明させてください。 まずは現在。Purposeに据えている「気候変動問題の解決」のために、今すぐ・誰でも・手軽に取り組むことができるアクションが、『菜食中心の食生活へのシフト』です。これは今すぐベジタリアンになってくださいという「0か100か」の意見ではなく、1週間の中でお肉(や魚介類や乳製品)を食べる頻度や量を少し減らすだけでもいいから意識してみない?という提案です。 1人の1食のインパクトはとても小さいのですが、それを3食365日で考えると、その影響力は無視できないアクションとなります。大企業や政府を動かすことだって可能です。そういった “うねり” を日本の小さなスタートアップ(=Grino)から生み出していきたい。本気でそう考えています。そして、その第一歩としてGrinoは「プラントベースフードブランド」になったのです。Grinoをきっかけに、畜産が与える環境負荷の大きさや、サステナブルな漁業などほぼ存在しないという現実の認知度を高めていきたいと考えているので、そういった発信もどんどん増やしていこうと息巻いています。次は未来について。 将来的には、「地球と人に本質的に“やさしい”食品の開発・販売」を進めていきたいと考えています。 具体的に作っていきたい商品は「リジェネラティブフード」と呼ばれる“環境再生型”の食品です。 イメージしにくいと思うのですが、すでに取り組んでいる企業があります。ご存知 パタゴニアです。2019年に発売された「プロビジョンズ」シリーズがそれにあたります。   みなさんは、工業型農業のデメリットをご存知でしょうか。 工業型農業は、大量の野菜を一箇所で生産できるメリットがありますが、その反面、有毒な農薬や除草剤、合成肥料、大量の水の利用を必要とし、地球の土壌を破壊し続けています。 我々人類がこれを続けてしまうと、仮に菜食人口が爆発的に増えて、肉食や畜産等の割合が減ったとしても、本当に持続可能な状態とは言えない未来をもたらしてしまう可能性が高いのです。 そこで、本当の意味で“地球にやさしい食品”を現段階から見据えた経営・食品づくりをしていきたいと(ささやかながら)宣言しておきたいのです。   まだまだ夢物語に過ぎないのですが、こんな混沌とした社会を前向きに生きていくには、そんな夢物語が必要だと思います。 夢物語を現実にできるように、“パタゴニア先生”の背中を追っかけながら、ひとつひとつの課題に取り組んでいきたいと思います。   ※わたしのGrinoの名刺の裏には、パタゴニア創業者 イヴォン・シュイナード氏の言葉が。     

    続きを読む