玄米ごはんを苦手と感じる理由と ボソボソしないミルキークイーンの玄米ごはんが食べられる宅食弁当

栄養たっぷりで「完全(栄養)食」とも呼ばれる玄米ごはん。

いっぽうで、苦手な人も多いのも事実です。

理由は個人によって異なりますが、玄米ごはんが苦手・嫌いな理由として以下の内容が挙げられます。

  1. 食感や歯ごたえ
    玄米は白米と比べると食物繊維が多く、胚芽や糠などが残っているため、白米よりも粒が大きく、噛むときの歯ごたえが強い場合があります。この歯ごたえ(ボソボソ感)が好みでない人が多いようです。

  2. 風味
    玄米は白米に比べて独特の風味があります。胚芽や糠の成分が含まれているため、香りや味に癖があると感じることがあります。これが合わないと感じる人もいます。

  3. 消化に関する問題
    玄米は白米に比べて食物繊維や栄養素が多く含まれていますが、その分消化に時間がかかることがあります。消化に弱い人や胃腸のトラブルを抱えている人は、玄米を摂取すると胃もたれや不快感を感じることがあります。

  4. 調理の手間
    玄米は白米に比べて調理の手間がかかることがあります。白米は洗って炊くだけで食べられますが、玄米は事前に水につけたり、洗ったり、長時間炊いたりする必要があります。手間がかかるため、忙しい人や手軽に食事を済ませたい人にとっては玄米ごはんは選びづらいかもしれません。


そんな 玄米が苦手な人でも美味しく、手軽に、彩り鮮やかなお野菜と一緒にたのしめる、宅食冷凍玄米弁当を紹介します!⬇︎⬇︎

【GrinoBento】おすすめ4種セット(初回購入限定 10%OFF・送料無料)
https://grino.life/products/grinobento-recommend4

 

使用している玄米は冷めても美味しいと評判のミルキークイーンを使用。

※ミルキークイーン(お米)とは
「ミルキークイーン」は1995年に品種登録されたお米。 東北よりも南での栽培に適していると言われています。
アミロースが少ない影響で粘りが強く、モチモチした食感が味わえます。
ミルキークイーンという名前は、玄米が半透明なのでお米の表面が乳白色に見えることから名付けられたそうです。低タンパク含量で、光沢があり、柔らかく粘りが強いという特徴があります。

信州産ミルキークイーン玄米を使用した、1食で食物繊維の7-8割が摂れる栄養バランス抜群の玄米弁当です。
菜食栄養学のプロ山﨑由華さんの監修により、最高の栄養バランスが実現。
動物性食材、コレステロール、保存料、着色料は一切不使用。

お客様の評価コメント

特に玄米の炊き方にこだわり、ボソボソとした食感を完全排除した自慢の玄米ごはんと、お野菜だけで作ったボリューム満点のおかずたちとの相性抜群!

Grino Bento4種セットへ

 

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に運営者により承認作業を行います

評価が★★★★4.0以上の商品

商品を見る
¥1,671 オフ!
絶対に後悔させない おためしセット(6品 25%OFF)絶対に後悔させない おためしセット(6品 25%OFF)
東京ヴィーガン餃子(30個入/袋)東京ヴィーガン餃子(30個入/袋)
【1日に必要な野菜摂取量の7割強が摂れる】菜食味噌茄子田楽弁当【1日に必要な野菜摂取量の7割強が摂れる】菜食味噌茄子田楽弁当
キノコの香り豊かなホワイトストロガノフキノコの香り豊かなホワイトストロガノフ
カルダモン薫るひよこ豆の絶品グリーンカレーカルダモン薫るひよこ豆の絶品グリーンカレー
【1日分の食物繊維の8割弱が摂れる】菜食三色丼弁当【1日分の食物繊維の8割弱が摂れる】菜食三色丼弁当
栗とくるみがほのかな甘味のキノコリゾット栗とくるみがほのかな甘味のキノコリゾット

おすすめ商品

詳細を見る