Grinoの読みもの

Grinoメンバーが考えていることや、商品・サービスの紹介、菜食にまつわる情報等を
自分たちの言葉で発信しています。

記事一覧へ
#東京ヴィーガン餃子アレンジレシピ:東京ヴィーガン餃子 白菜ロール -甘酒利休餡-(2〜3人分)

 

原材料:

  • 東京ヴィーガン餃子    6
  • 白菜           大きい葉3
  • 人参           30gほど
  • 無漂白かんぴょう(乾物) 1mほど
  • 生姜            1かけ

 

甘酒利休餡)

  • 無添加甘酒  50g
  • 醤油     大さじ1/2
  • 白ねり胡麻     小さじ1
  • 昆布椎茸出汁 大さじ2
  • 葛粉     小さじ1/2

 

調理手順はこちら:

  1. かんぴょうは水に浸けて戻し、白菜はラップに包み電子レンジ600w2分半、もしくは軽く茹で、巻きやすい固さにする。
  2. 人参を千切りにし、白菜は水気をよく取り除いて縦半分に切る。白菜の茎の部分は固くて曲がりづらいので隠し包丁を入れて、凍ったままのヴィーガン餃子と人参を一緒に白菜に巻いて、かんぴょうで結ぶ。
  3. 蒸し器で5分ほど蒸すか、電子レンジ(水を大さじ1かけてふわっとラップをする)3分半加熱する。
  4. 利休餡を作る。全ての材料をブレンダーで撹拌する。なければボウルやすり鉢でよくすり混ぜる。
  5. 小鍋に4を移し、中火でよく混ぜながら加熱する。途中で固まってくるので、弱火にして艶が出るまで練り上げる。(1分くらいでよい)
  6. 皿に利休餡をひき、上に白菜ロールを乗せてすりおろし生姜を添える。

iina’s comment

冬にぴったり、和食の懐石のように変身したヴィーガン餃子はいかがでしょうか。お正月料理にもおすすめです。お鍋で煮ないのでとても簡単です。

 

【教えてくれたのは】

ヴィーガンフードクリエイター

iina(いいな)さん

菜食料理家。2008年千葉県いすみ市にあるブラウンズフィールドに移住。有機農や保存食作りを経験しながら「ライステラスカフェ」のシェフとなる。2010年東京に拠点を移し、菜食料理家として活動開始。2010年から2012年まで週1回のべジカフェ“vegegeek”をオープン。現在、料理教室「vivid cookeryvegetarians」を主宰。斬新でカラフル、誰もが楽しめて美味しいクリエイティヴなヴィーガンフードを日々生み出している。

iina (@iina_veganfoodcreator)

アレンジレシピプラントベースドフードベジタリアンヴィーガン東京ヴィーガン餃子

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に運営者により承認作業を行います