Grinoの読みもの

Grinoメンバーが考えていることや、商品・サービスの紹介、菜食にまつわる情報等を
自分たちの言葉で発信しています。

記事一覧へ
欧州発カーボンプライシング・カーボンクレジット制度における菜食の位置付けと可能性最大化

先日機会をいただき、環境負荷の高い食事に対するカーボンプライシングと低炭素食品をカーボンクレジットに加えるという旨の提言を「ベジタリアン・ヴィーガン関連制度推進のための議員連盟総会」にておこない、無事受理されました。

提言の主な内容は以下3点です:

  1. 欧州のルールメイキングに対し低炭素食の流通を推進する仕組みづくり
  2. 国を挙げた国力増強につながる日本の新たな成長産業とする支援
  3. カーボンプライシングをポジティブに活用できる制度設計

    総会は11月29日15時より開始され衆議院第二議員会館第二会議室で行われ、総会には以下の方々が参加されました。(参加は一部抜粋です)

    松原仁  衆議院議員
    山口俊一 衆議院議員
    篠原孝  衆議院議員
    伊藤里香子 農林水産 省食品産業部食品製造課基準認証室 室長
    山本泰生  環境省 大臣官房環境経済課 市場メカニズム室 室長
    井上和也  環境省 地球環境局地球温暖化対策課 課長
    廣田健久  観光庁 外客受入担当 参事官
    築田真由美 東京都庁 東京都産業労働局観光部 観光部長
    (*敬称略)

     

    資料の一部

    おすすめの記事
    Grinoの中の人気候変動活動

    コメントを残す

    すべてのコメントは公開前に運営者により承認作業を行います