Grinoの読みもの


プラントベースとヴィーガンの食生活:その相違点とは

世界中で健康や環境、動物福祉等への意識が高まる中、食生活の選択肢も多様化しています。その一つがプラントベースの食事とヴィーガンの食事です。両者とも動物由来の製品を避ける点では共通していますが、それぞれの選択肢には異なる特徴と理念が存在します。今回はその違いを探り理解を深めるための情報をまとめてみました。

ヴィーガン プラントベース 植物性 動物愛護 動物福祉 

1. プラントベースとヴィーガンの定義

まずは両者の定義から見ていきましょう。プラントベースの食事は、その名前(プラントは英語で植物を意味します)が示す通り、主に植物由来の食品から成る食事を指します。肉や魚、乳製品などの動物由来の食品の消費を減らし、果物、野菜、全粒穀物、豆類、種子、ナッツなど、植物由来の食品を中心にした食事をとることが特徴です。

一方、ヴィーガンの食事は動物由来の製品を完全に避けるもので、肉や魚、乳製品、卵、蜂蜜などはもちろん、動物由来の成分が含まれる食品も避けます。ヴィーガンの理念は食事だけに止まらず、衣類や化粧品など、生活全般において動物由来の製品を避けることを目指します。

具体的にはヴィーガン協会ではヴィーガニズムの概念を「人間は動物の搾取なしで生きるべきであるとする主義」と定め、「食物、売り物、労働、狩猟、実験およびその他のあらゆる用途の為の人間による動物からの搾取を終わらせる」ことを目的に「個人的な状況が許す限りこの理想に近い生活をすることに努めている人」をヴィーガンとしています。

さらに、ヴィーガニズムを「衣食他全ての目的において、実践不可能ではない限りいかなる方法による動物からの搾取、及び動物への残酷な行為の排斥に努める哲学と生き方と定義しています。(ヴィーガニズムの定義|英国ヴィーガン協会 レスリー・クロス|1951)

プラントベース ヴィーガン 植物性 動物愛護 

2. プラントベースとヴィーガンの主な違い

プラントベースの食事とヴィーガンの食事は、一見似ているように思えますが、実際にはいくつかの重要な違いがあります。

プラントベースの食事は、植物由来の食品を中心にした食事を指します。肉、魚、乳製品などの動物由来の食品の摂取を大幅に減らし、野菜、果物、全粒穀物、豆類、ナッツなどの植物性食品を主に摂取します。しかし、プラントベースの食事は完全な動物製品の排除を必要としないため、時折、動物製品を摂取することも許容されます。プラントベースの食事は、主に健康と環境への配慮から選ばれます。

一方、ヴィーガンは、食事だけでなく生活全般において動物製品の使用を避けるライフスタイルを指します。ヴィーガンの食事では、肉、魚、乳製品、卵などの動物由来の食品を全て排除します。さらに、動物由来の成分が含まれる食品、例えば蜂蜜やゼラチンなども避けます。ヴィーガンのライフスタイルは、動物の福祉を重視し、動物の権利を尊重することを基盤としています。

したがって、主な違いは、ヴィーガンが食事だけでなく生活全般において動物製品の使用を完全に避ける一方で、プラントベースの食事は主に健康や環境への配慮から動物製品の消費を減らすものであり、必ずしも動物製品を完全に排除しないという点にあります。

東京ヴィーガン餃子 浜松餃子 生餃子 ヴィーガン プラントベース 植物性

3. プラントベースとヴィーガンの健康効果

プラントベースとヴィーガンの食事は、いずれも健康に対する潜在的な利点があります。

プラントベースの食事は植物由来の食品を中心にすることで、健康な体重の維持、心臓病や糖尿病のリスクの低減、消化系の健康の促進などの利点があります。野菜や果物にはビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質が豊富で、全粒穀物や豆類、種子、ナッツは良質なタンパク質と複雑な炭水化物を提供します。

ヴィーガンの食事もまた、これらの健康上の利点を享受することができます。さらに、動物製品の摂取を完全に排除することで、飽和脂肪酸やコレステロールの摂取を減らすことが可能となり、心臓病のリスクを更に低減する可能性があります。

しかしながら、ヴィーガンの食事では徹底することにより特定の栄養素、特にビタミンB12、鉄、亜麻仁油、ビタミンD、カルシウムなどの摂取が十分でない場合があるため、注意が必要です。これらの栄養素は動物性の食事に豊富に含まれているため、ヴィーガンの食事を選ぶ人は適切な栄養補給の方法を考える必要があります。これは栄養補充品の摂取や特定の植物性食品の選択を通じて達成することができます。

したがって、プラントベースとヴィーガンの食事は健康に対して多くの利点を提供しますが、適切な栄養バランスと補給に注意を払うことが重要です。

4. 結論

プラントベースの食事とヴィーガンの食事は、個々の健康、動物の福祉、そして環境保護の三つの側面から推奨されることが多いです。個々の健康に関しては、植物中心の食事は心臓病や糖尿病、肥満などのリスクを下げる可能性があると広く認識されていますし、動物福祉の観点では、動物を食品や商品の生産のために利用することに対する道徳的な問題があります。環境保護面では、畜産は地球温暖化や森林破壊、水質汚染などの環境問題に大きく寄与していると指摘されています。

両者の理念や食事の特徴を理解することで、自分にとって最適な選択をすることができます。また、動物の福祉や地球の環境を守る観点からも、これらの食生活について考えてみる価値があります。

 

Grinoのプラントベースフードはこちら⬇︎⬇︎

食と健康食と環境

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に運営者により承認作業を行います

評価が★★★★4.0以上の商品

商品を見る
¥1,671 オフ!
絶対に後悔させない おためしセット(6品 25%OFF)絶対に後悔させない おためしセット(6品 25%OFF)
東京ヴィーガン餃子(30個入/袋)東京ヴィーガン餃子(30個入/袋)
【1日に必要な野菜摂取量の7割強が摂れる】菜食味噌茄子田楽弁当【1日に必要な野菜摂取量の7割強が摂れる】菜食味噌茄子田楽弁当
キノコの香り豊かなホワイトストロガノフキノコの香り豊かなホワイトストロガノフ
カルダモン薫るひよこ豆の絶品グリーンカレーカルダモン薫るひよこ豆の絶品グリーンカレー
【1日分の食物繊維の8割弱が摂れる】菜食三色丼弁当【1日分の食物繊維の8割弱が摂れる】菜食三色丼弁当
栗とくるみがほのかな甘味のキノコリゾット栗とくるみがほのかな甘味のキノコリゾット

おすすめ商品

詳細を見る