Grinoの読みもの

Grinoメンバーが考えていることや、商品・サービスの紹介、菜食にまつわる情報等を
自分たちの言葉で発信しています。

記事一覧へ
【ヴィーガン生活は難しい? 続けられない3つの理由と週1野菜腸活のすすめ】

健康のため、ダイエットや美容のために、といったことも近年ヴィーガン生活を取り入れる女性の新たな目的となるケースが増えています。

 

その一方で、

 

・これまでのライフスタイルと大きな違いがある

・日本にはまだヴィーガンレストランやヴィーガン向け商品が少ない

 

といった理由で、継続できず挫折してしまうケースが少なくありません。

 

なぜ、ヴィーガン生活が上手く進められないのか。

 

ヴィーガン生活が続かない3つの理由と、美味しくヴィーガンを取り入れながら腸活もできる方法を紹介いたします。

 

そもそもヴィーガンとは

 

ヴィーガン(ビーガン)は、動物性製品を購入しない、口にしない完全菜食主義のライフスタイルを指します。

 

ヴィーガンの食事では、肉、魚、卵、乳製品といった動物由来の食品を一切使用しません。

 

1944年、イギリスでヴィーガン協会が発足したのをきっかけに、

 

「動物愛護や環境に配慮した生活を送りたい」

 

そう賛同する個人や団体が増え、世界中に広がっていきました。

 

その他にも、宗教上の理由でヴィーガンを選ぶ人もいます。

 

日本の場合は、厳格なヴィーガンだけでなく、

 

「できるだけ動物性食品は摂らないようにする」

 

という無理のない範囲でのヴィーガン生活や、美容や健康に気遣って食事の一部を菜食にする例が多くみられます。

 

動物福祉やSDGsをできることからはじめたい、美容や健康に良い食生活がしたい、という方は、プチヴィーガン生活からはじめてみましょう。

 

ヴィーガン生活が続かない3つの理由

 

動物や環境にやさしく、身体にも良いヴィーガン生活ですが、

「なかなか続けられない……」

という声が多くきかれます。

 

なぜヴィーガンを継続できないのか、3つの理由をみてみましょう。

 

ヴィーガンの食事が美味しくない

 

ヴィーガン料理は肉や魚、卵、乳製品を使用せず調理されます。

 

そのため、新たにヴィーガン生活を始めるという方にとってはこれまであたりまえに口にしていたお肉料理、お魚料理、卵料理が食べられません。

 

環境や動物の保護、美容や健康、ダイエットのためとはいえ、口に合わない食事を続けていては、食事がつまらなくなり、ストレスが溜まってしまうかも知れずもったいないですよね。

 

厳密なヴィーガン食を続ける場合、魚からできている和食のだしが使用できないなど、味付けの選択肢が減る場合があることも続かない理由の一つになりえます。

 

ヴィーガンの考え方に賛同してはじめる場合は、このような食生活を我慢できるかもしれません。

 

ですが、大好きなステーキやハンバーガー、唐揚げやお寿司などの誘惑に耐えて続ける場合、味に物足りなさを感じてしまい、元の食事の戻ってしまいがちです。

 

 

ヴィーガン食をつくるのが大変

 

ヴィーガン食は、コンビニやお総菜コーナー、レトルトなどではまだあまり販売されていないこと、市販のヴィーガン商品はお肉や魚を使ったものよりも価格が高いこともあり、自分で作る機会が増えます。

 

ヴィーガンがお肉代わりとして多く使用する人気のソイミートは、水やお湯で戻すタイプの商品が多く、普通にお肉を焼く、ひき肉をこねる工程よりも時間や手間が必要です。

 

また、家族の賛同が得られない場合が多く、一人分だけ別に作らなければいけないケースが多くみられます。

 

仕事で忙しい女性、家事や育児で忙しい女性が、自分のためだけにヴィーガン料理を作るのは難しく、途中で断念してしまうようです。

 

ヴィーガン料理店は価格が高い

 

日本でも少しずつ、ヴィーガン料理を出すお店が増えてきました。

 

その一方で、外国人観光客向けに経営しているレストラン、食材にこだわっているレストランが多いこともあり、ランチプレートが2,000~3,000円、ディナーは4,000~5,000円といった、高価格帯のお店が少なくありません。

 

流通量が少ないものの金額が高くなるのは当然で、まだまだマイノリティのヴィーガン食の格が高いのは納得です。

 

とはいえ、自分でヴィーガン料理を作るのが難しいからと言って、このようなお店ばかりを利用していては、食費がかさんでしまいます。

 

家事や仕事で忙しい中、外食でヴィーガン生活を継続するのはが難しいですよね。

 

身体すっきりを目指せるヴィーガン腸活「Grino」

 

美容や健康を目的にヴィーガン生活を送るなら、“できる範囲”で“できるだけ楽”に取り入れられると継続につながります。

 

毎日菜食で過ごすのではなく、まずは無理なく週1度からスタートしてみましょう。

 

環境にやさしく、楽に美味しくはじめるなら、ヴィーガン弁当「Grino Bento」を選んでみてください。

 

Grino Bentoはプラントベースフードを中心とした生活をするGrinoメンバーが自分達の生活をより豊かにしたいという想いから考えた食事です。

 

多くの人に選んでいただけるように「楽に食べられる」「おいしく食べられる」「カラダに良いものが食べられる」そして「地球にやさしいものが食べられる」の要素を徹底的に実現できる食事を実現しました。

 

Grino Bentoは100%植物性原料で作られた、食物繊維が豊富なお弁当です。

肉類フリーのヴィーガンな食生活を送ることで、悪玉菌を増やすきっかけを減らし、

食物繊維豊富なプラントベースレシピで善玉菌を育てるプレバイオティクスをカラダに摂り入れ女性に嬉しい腸活も可能にします。

 

菜食コンサルタントが栄養バランスと味にこだわって作り上げたお弁当を、1食1,080円(税抜・定期の場合)で購入できるため、お財布への負担も軽減できます。

 

レンジで5分温めるだけで完成するGrinoは、仕事や家事、育児が忙しい女性にもぴったりの商品です。

 

ダイエットやお通じ、お肌の調子を整えてくれる腸活弁当は、まさに食べるコスメ。

 

地球にも身体にもやさしいヴィーガン生活をはじめるなら、女性の“欲しかった”がぎゅっと詰め込まれたGrinoが強い味方になります!

 

週に1度のランチタイムや土日の食事に、菜食腸活弁当「Grino」をプラスしてみてください。

 

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に運営者により承認作業を行います