Grinoの読みもの

Grinoメンバーが考えていることや、商品・サービスの紹介、菜食にまつわる情報等を
自分たちの言葉で発信しています。

記事一覧へ
最近耳にするセリアック病って何?症状や原因、対策と適切な食事、日本における状況について

この記事では、セリアック病について詳しく説明します。セリアック病は小麦や大麦、ライ麦などのグルテンを含む食品を摂取すると、免疫系が反応して腸壁に損傷を与える疾患です。症状には腹痛、下痢、体重減少などがありますが、一部の人では症状が現れない場合もあります。

【1. 原因と症状について】

セリアック病の原因は、遺伝や環境などが関係していると考えられています。グルテンを含む食品を摂取すると、小腸の壁にあるセリアック病特有の抗体が発生し、それが腸壁に炎症を引き起こすことが原因です。

症状には、腹痛、下痢、といった消化器症状のみならず、抑うつなどの多彩な症状を呈するとされていますなどが、一部の人では症状が現れない場合もあります。また、貧血や骨粗鬆症などの合併症も発生することがあります。セリアック病は、検査や専門医の診断が必要な疾患です。

欧米諸国では有病率が1%程度とされ、日本においては欧米ほどの有病率はないとされるものの、さらなる食生活の欧米化による小麦摂取量の増加を背景に今後日本においても有病率が増加する可能性があり、注目すべき疾患です。

【2. 対策、食べられる食品など】

セリアック病の治療法は、グルテンを完全に避けることです。グルテンを含む食品を食べ続けると、腸壁にダメージが与えられ、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。以下は、セリアック病の治療に役立つ対策や、食べられる食品についての情報です。

グルテンを除去するために、グルテンを含まない代替品を探すことが重要です。幸いにも、現在ではグルテンフリーの食品が豊富にあります。小麦、大麦、ライ麦を含まない食品、例えば米、トウモロコシ、キヌア、とうもろこし粉、さつまいも、ジャガイモ、豆類、ナッツ類、種類豊富な野菜や果物など、グルテンを含まない食品を食べることができます。

また、徐々にスーパーマーケットやオンラインショップでグルテンフリーの食品が入手可能になってきています。食品のパッケージに「グルテンフリー」のラベルが付いている場合は、安心して購入できます。

食品のラベルには、アレルギー表示がされている場合があります。アレルギー表示には、主要アレルゲンを示す「7品目」があり、小麦が含まれる場合は必ず表示されます。食品を購入する際は、ラベルをよく確認し、小麦を含むかどうかを確認しましょう。

セリアック病の治療には、ビタミンやミネラルの補給が必要です。病気の影響で、腸内での栄養素の吸収が悪くなってしまうためです。特に、鉄分やカルシウム、ビタミンDなどの補給が重要です。医師に相談して、必要なサプリメントを摂取するようにしましょう。

【3. 今後日本でも増えるの?】

欧米においてはセリアック病に対する理解が広まり、グルテンフリー食品の需要及び供給が増えています。グルテン関連患者数という観点では米国で1,200万人〜2,600万人(全人口の3.7~8.0%)、欧州で約400~4,900万人(全人口1.3~15.0%)と想定され、認知が高まることでグルテン関連の病であると診断される患者数も増えるといった状況が起きています。

こういった背景もあり、欧米におけるグルテンフリー食品市場は 2020年には約50億ドルにまで達し、欧米では一般のスーパーマーケットでも多く取り扱われ流ようになりました。

セリアック病は日本でも患者数が増加傾向にあります。これは、日本人が欧米型の食生活を送ることが増えたことや、医療従事者の知識の向上によって発見されるケースが増えたためと考えられます。しかし、欧米に比べてまだまだ患者数は少ないようです。

また、適切な対策や早期発見によって、セリアック病は治療可能な病気です。これまでにも、セリアック病に対する正しい理解や啓発活動が進められ、セリアック病の患者さんたちが快適な生活を送ることができるようになってきています。

【まとめ】

セリアック病は、グルテンを含む食品を摂取すると、小腸での栄養素の吸収が阻害され、様々な症状を引き起こす病気です。しかし、正しい知識と対策によって、治療が可能であり、患者さんたちが快適な生活を送ることができます。

もし、自分自身や身近な人に、セリアック病の疑いがある場合は、早めに医療機関を受診し、適切な診断と治療を受けることが大切です。また、健康的な食生活についても、正しい知識を持ち、適切な食材を選択することが重要です。

 

 

参考文献:

日本大腸肛門病会誌|最近注目されている腸の炎症性疾患|セリアック病(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jcoloproctology/74/10/74_572/_pdf

農林水産省|グルテン関連患者数(https://www.maff.go.jp/j/shokusan/export/attach/pdf/30hokoku-24.pdf

 

Grinoのグルテンフリーフード⬇︎⬇︎⬇︎

 

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に運営者により承認作業を行います